ダイエット外来でダイエット!レポートvol.1

よかったらシェアしてね

痩せよ

皆様、知っておられるだろうか?
「ダイエット外来・肥満外来」と呼ばれる謎の診療科があることを。
私、それに行ってきました!ヽ(=´▽`=)ノイエ〜

ダイエット外来とは?

医師の指導のもと、リバウンドのない健康的なダイエットができる病院(の診療科)のことです。

痩せ薬をくれるとか、胃を部分切除とか、脂肪吸引などはしないんですね(命に関わる太り方だったらあるかも?)。
たまにテレビで見るようなハードなダイエット合宿とも違います。
何せ「外来」ってついてますから!

それってほんとに痩せるの?

私の結果からいいますと、「痩せました」!
ただ、わりと努力(または環境)が必要となります(どんなダイエットでもそうですが…)。
この努力というのは「どんな人におすすめか」で!

とりあえず途中経過ですが、ちょっとこちらを見てもらいましょう!

全力で体重隠してジャジャジャジャーン!

全力で体重隠してジャジャジャジャーン!

途中大きなリバウンドもなく、なかなかのペースで減っており、私の人生史上最大減量中です!
計測開始が遅いのは単に体重計がまだ来てなかったからです。ええ。

ちなみに、私はこのダイエット外来に行くまでは、
ふんわり「痩せなきゃ〜」と考えていた、いわゆる「万年ダイエッター」でした。
これまで試したダイエットは数知れず。
寒天ダイエット、野菜スープダイエット、バジルシードダイエット、ウォーキングダイエット、ビリーズブートキャンプなどなどなど…
思い出せないけど、なんかいろいろやってました。
ジョーバもあります!もう猫の台座と化してます!
しかし、あんまり続かず痩せないのと、
「この方法は本当にあってるのか…?」と自分自身に疑惑を持ち始めやめてしまう、というパターンが多かったです。

ダイエット外来のメリット

一人でダイエットをすると、まぁ〜ある程度体重の変化がありますよね(ないと困る)。
その変化が全くなかったり停滞したりすると決まっていつも
「このダイエットは正しいのだろうか…?ただ筋肉が落ちて値が減ってるだけではないのか?」
と自問自答しだし、いつも“自然消滅的に”ダイエットが終了するのでした。ちゃんちゃん。

このいつものダイエットと「ダイエット外来」の違うところは、

1.まず肥満が病気によるものか調べてくれる

これは病院だからこそできるメリットですね。
単なる肥満か、ホルモン異常など病的な肥満かをちゃんと検査した上で判断してもらえます。
ここで「自分は病気で太ってるんじゃない。ただの単純性肥満(食べ過ぎ又は運動しなさすぎ)だ!」という真実を突きつけられるので、今後迷わずダイエットすることができます。

2.第三者の監視がある

体重や歩数計、食事の写真などをネット上に記録していき、
それを栄養士さんと運動療法士さんが見て、栄養指導の日や、月に数回メールで励ましやアドバイスなどしてくれます。
また一方通行ではなく、メールの返信をしなきゃいけないので意識せざるを得ません。
ちなみに、さっきのグラフもそのシステムに記録していったものです。
ついでに歩数も計測するのでこんなグラフもあります。

歩数が0に近いところはだいたい土日のひきこもりです

歩数が0に近いところはだいたい土日のひきこもりです

3.自分にあった減量アドバイスをしてくれる

減量が順調な時や、落ちが悪くなった時など、
その時・その人の生活環境にあった食事や間食の取り方などのアドバイスをしてもらえました。
「減量なんだからとにかく間食禁止!カロリー制限絶対!」となると,
やる気や元気がある時はできるけど、
ちょっと破ってしまったりしたら、とたんにやる気がなくなり続かない…という人、
私だけじゃないはず!
ガッチガチの減量計画ではなく
「このくらいまでの間食なら大丈夫」「間食しすぎたと思ったら夕食で調整したらいい」など、
ただの励ますだけのフォローでもなく、カロリーや栄養面を考えて、
またコースが終了しても一人で続けられるようなアドバイスでした。

それで、ダイエット外来ってどんな感じなの?

私が行ったのは、関西医科大学付属の枚方病院。すごくきれいな病院です。

ひらパーの近…そんな近くないかな?

ひらパーの近…そんな近くないかな?


内容は、ざっくりいえば、主に栄養指導や運動指導をしてくれる「だけ」です。
そこのあなた「本でも買えばそんなのいっぱい載ってんじゃん!」とお思いでしょう。
そんなのとっくの昔に経験済みでござる!!
失敗…というかほんと怠惰なもので本読んで実行ってのが苦手でござるニンニン!!

ということで、
私のやっているH病院のOBweb外来コースを紹介します。

  1. 医師の問診
    ダイエット外来が受けられるかどうかを見極められます。
    BMI値が25以上30以下だったらだいたいできるようです。30以上は別コース。
    (自分のBMI値が気になったら計算してみよう!healthクリック BMI値計算ツール
    ちなみに、「医師の指導のもと」と言いましたが、4ヶ月経過の現時点で医師と会ったのはこの時だけでした。
  2. 検査回り
    血液検査、尿検査、心電図、レントゲン、CT撮影などなど。
    他にも筋肉量測定、握力測定、安静時・運動時代謝測定、体の動き・バランスチェックなどなど。
    病院オリエンテーションのようで楽しかったです。
  3. 家に体重計・歩数計などが届く(2.3は前後することも)
    説明書見ながら設置。
    病院からの説明は次の栄養指導の時にされるが、
    それほど詳しい説明でもないので先に設置しといた方がスムーズに話が進みます。
  4. 月1回、栄養指導。運動療法は好きなだけ。
    最初の栄養指導の時に、目標を3つ立てて、毎日チェックする。
  5. 半分の3ヶ月経過時、目標を見直し設定し直し。
    人によっては、3ヶ月の様子から判断して、月一の栄養指導がなくなったりします。やったー!
  6. 6ヶ月目に変化を調べる為に検査
    最初の検査と全く一緒ではないですが、ほぼ同じような項目を検査して、
    このダイエット外来のコースでどの位効果があったかを教えてくれます。
    血液検査とかCTあるっていってた気がするから1万くらいかかるのでは… (゚A゚;)
    でも数値で知りたいしな。

どんな人におすすめか

非常に意志が弱い人

なかなかの金額をかける&第三者が関わってくるので、そう簡単にやめられない。

「宿題はやる」人

(自主学習できれば完璧だが、それができればここには来ない)
学校と似た感じです。ある程度ルールは作ってもらえるけど、
その後それをやるかやらないかはもうあなた次第。
褒められたい・見放されたくない(多分されないとは思うけど)とびびり、
努力する人におすすめです。笑

食事をコントロールできる人

このダイエットは、食事と運動を両立させて減量するプログラムになってるので、ここ重要です。
1点80kcalで、一食のうち、炭水化物2点、タンパク質2点、野菜たっぷり、芋類は1点…など、
カロリー計算まではしなくてもいいんですが、
ある程度食材を考えられないとなかなか難しいかも。
でも栄養士さんも、だれもが料理するとは思ってないから、
その人の生活にあった方法を考えてくれると思います。
(コンビニ弁当なら低カロリーなものを選んでサラダや茹で野菜をつけるとか?)
私の場合は、超協力的な母の食事があったので可能でした。一人暮らしだったら無理だったかも…。
私の努力は、ほぼ間食のコントロールのみ!牛乳寒天(カロリー0の砂糖使用)とパイナップルばっかり食べてました。

何日か平日に病院行ける人

社会人だとここなかなか難しいと思います。
私もできる限り土曜などの休みの日に入れたかったけど、
最初の医師による診察や検査がどうしても平日になってしまい、
あと最初に栄養士さんの日を平日にしてしまった為に、
その後毎月一回の栄養指導の日が平日に。(栄養指導は土曜もやってたと思うけど、埋まってたかで取れなかった、かな?あと曜日によって栄養士さんが違うので後々変えにくい)
何回か半休や休みを取って行きました。

詳しくは下記URLに書いてあるんで、興味を持った方はのぞいてみてください。
OB外来のお知らせ

忘れてたけどお値段は?

上のリンク先から引用させてもらうと
———————————-
料金;体重計、歩数計、インターネット接続機器、メール指導(2回/月)×6ヶ月=¥35,000(初回一括払い)
上記料金は一括支払い、全額自己負担となります。(健康保険、医療券等は使用できません)
外来受診時の検査は別途必要です。(約¥15,000程度、健康保険使用、3割負担の場合)

———————————-
それと、月一(最初の3ヶ月のみ)の栄養指導が約300〜400円/1回、運動療法が約2000円(健康保険きかない)/回数自由が必要です。
合計すると、なかなかいいお値段です。
まぁ体重計と歩数計は終わっても使えるけどね!
健康診断も一緒にしてもらってると考えれば、べらぼうに高い感じはしない、かな?

長年ダイエッターで、もうほんと痩せたい!っという方は選択肢の一つとして考えてもいいかもです。
以上、ダイエット外来体験レポートでしたヽ(^◇^)/
今度、食事やら運動やら紹介してみたいと思います。